カテゴリ:Q&A( 1 )

FAQ

Q 愛の決心への紹介者にはどんな人々、あるいは機関があるのですか?

A 医師、弁護士、牧師、看護婦、学校や知人の方などが妊娠した女性を愛の決心に紹介します。



Q 具体的にどんな援助をしていますか?

A それぞれの地域における訓練された女性スタッフが個別のカウンセリングを行ない、決断に向けてのアドバイスをします。一人一人の女性に必要なものが何であるかが検討され、それぞれに可能な選択が説明され話し合われます。その女性が自分と子供について自分で決断することはとても重要ですので、その決断ができるように愛の決心は援助しています。



Q 相談をすれば必ず養子縁組するように勧められますか?

A 養子縁組はあくまでも一つの手段です。カウンセリングにやってくる女性の多くは自分で子供を育てる決心をしています。



Q 養子縁組を決めて出産後、幾日で子供を養父母の元に預けられますか?

A 愛の決心では、親子 の絆は子供がごく小さいうちから育まれるべきであると考えていますが、まず、第一に子供の健康、家族の関係や状況などがよく考慮されなければなりません。そこで生まれた赤ん坊は、特に問題がなければ通常生後3日から7日のうちに養父母のもとへ預けられます。



Q どのような子供が実際に養子縁組されているのですか?

A 親が育てることのできない健康な日本人の子供たちや、国籍の違った両親を持つ子供たち、そしてハンディキャップを背負った子供たちなどが愛の決心を通して養子となり、新しい家族の一員となっています。
ハンディキャップを背負った子供たちには、ダウン症、精神・肉体面の発育不良、先天性口蓋裂(Cleft Palate)、心臓欠陥、遺伝的欠陥などを持った子供たちがいます。



Q 法的手続きはどのようにされますか?

A 愛の決心は養子を迎える家族また産みの親のために、養子縁組手続きに関する援助をしています。必要に応じて顧問弁護士の手配がされます。



Q 養父母になるための資格はどのよう なものですか?

A 子供にとって最良の家族となり、よい将来を与えることが可能であるかということを、養子受入先の家族に対して求めています。そこで、愛の決心が行なっている家庭審査の内容としては、次にあげるようなことをみたしているかどうかを中心に見ています。
 
1)夫婦間で養子縁組に対する意見が一致しているか

2)夫婦とも養子縁組に対して偏見を持っていないか

3)親族の間で養子縁組することに対して理解を得ているか

4)生活環境が良好であるか

当団体の条件を全て満たさずともすばらしいご家族がたくさんあることは、認識していますが、 あくまで養子縁組される 子供たちに最上の 条件を与えることが 第一の目的なのです。

これら以外の質問など、ありましたら、コメントにて受け付けています。
[PR]
by ainokesshin | 2006-04-08 19:03 | Q&A