<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

■愛の決心■

b0071570_1849645.jpg
この小さき者たちのために 誰が 声を上げるだろう?
   
  助けてくれる者もなく 半分 見捨てられた彼らのために。
     
    彼らは 生を選ぶ権利を持っているのだ。
       
      それを 失いたくないのだ。
         
         だから 私は 声を上げなければ。
           
          あなたも 上げてくれますか?




愛の決心について・・・



愛の決心はキリスト教精神にもとづく団体で1991年1月7日に設立され、
子供が商品として扱われることに反対し、活動を続けてきました。
愛の決心のスタッフは全員がボランティアであり、
全て愛の決心に寄せられる寄付は出産費用、里親によるケア、
特別な必要をもつ子供たちの養子縁組、妊娠時のカウンセリングや
カウンセラーの育成のために使われています。

愛の決心は、日本で生まれた孤児や孤児になる可能性のある子供たちを、
養子に求めている家族に紹介することで、子供たちの将来を豊かなものにすることを
目的に設立されました。

そして、日本各地の専門家達とのネットワークのもと、堕胎の可能性のある子供や
置き去りにされた、子供たちが養子となるチャンスを得るように努力しています。

愛の決心の活動内容

秘密厳守の無料のカウンセリングサービス
  ・未婚、既婚者の予期せぬ妊娠により問題を抱えている女性を対象とした
   24時間フリーダイヤルによるカウンセリング
  ・専門のカウンセラーによる対面のカウンセリング

養子斡旋
  ・養子縁組を考えている家族の家庭審査
  ・家庭裁判所での養子縁組手続きの援助

未婚の母のための特別な援助 
  ・何らかの理由で現在の住居に住むことができない女性のためにはホームステイが可能
  ・医療面で、また法的な面で援助が必要な女性のために専門家を紹介


フリーダイヤル 0120-41-8277

もしくは、こちらのコメントにて、質問など受け付けています。
[PR]
by ainokesshin | 2006-04-11 20:25 | 愛の決心とは

■教会の皆様へ■ (愛の決心より)

愛の決心のスタッフは全員クリスチャンであり、
まず第一に神に栄光をもたらす事を望んでいます。
父親のいない子供たちを助けることを神は望んでおられるからです。

わたしの好む断食は、これではないか。
飢えた者にあなたのパンを分け与え、
家のない貧しい人々を家に入れ、
裸の人を見て、これに着せ、
あなたの肉親の世話をすることではないか。
そのとき、あなたが呼ぶと、
主は答え、あなたが叫ぶと、「わたしはここにいる。」と仰せられる。

                               イザヤ58:6-9


父なる神の御前できよく汚れのない宗教は、
孤児や、やもめたちが困っているときに世話をし、
この世から自分をきよく守ることです。
                               ヤコブの手紙1:27



そのような子供たちがクリスチャン家族の一員となることで、
彼らの将来が安全で明るいものとなると信じているのです。


愛の決心のビジョン■


私の父、私の母が、私を見捨てるときは、主が私を取り上げてくださる。 詩篇27:10


弱いものと孤児とのためにさばき、悩む者と乏しい者の権利を認めよ。
弱い者と貧しい者とを助け出し、悪者どもの手から救い出せ。      詩篇82:3-4


あなたは、見ておられました。害毒と苦痛を。
彼等を御手の中に収めるためにじっと見つめておられました。
不幸な人は、あなたに身を委ねます。
あなたはみなしごを助ける方でした。                   詩篇10:14



子供というのは売り買いするための商品ではなく、神からの貴重な贈り物であり、
性別やハンディキャップに関わらず、受け入れられ、大切にされ、
育てられるための存在である。
  (デボラ・エバンズ/Without Moral Limits)

養子を取ることを真剣に考えてみてください。
もちろんそれはとても重大な決断でしょう。
しかし、それは素晴らしい証しとなることでしょう。
そして、与える喜びを経験するでしょう。   
    (チャールズR. スウィンドル)
[PR]
by ainokesshin | 2006-04-11 20:21 | 教会の皆様へ

■ご協力のお願い■

b0071570_10285425.jpg

「愛の決心」では、一番小さな者(胎児)のために、祈ってくださり、
手助けをして下さるクリスチャンあるいは教会を探しています。
もし、あなたがこの働きをサポートしたいと思われるようでしたら、
ご連絡下さい。

☆「愛の決心」のヘルプラインと運営のための毎月の経済援助

☆地域の病院や教会を訪問してくださるボランティア

☆全国の医者と助産婦にお知らせを送る郵送費のための経済援助

☆カウンセリング訓練セミナーに出て、月1回程自宅で電話を担当して下さるボランティア。
(特に日本、タイ、タガログ、スペイン語を話せる女性)

☆ポスターを配布したり、または、
このフリーダイヤルの電話番号をトラクト等に印刷してくださる教会
[PR]
by ainokesshin | 2006-04-09 18:58 | ご協力のお願い

FAQ

Q 愛の決心への紹介者にはどんな人々、あるいは機関があるのですか?

A 医師、弁護士、牧師、看護婦、学校や知人の方などが妊娠した女性を愛の決心に紹介します。



Q 具体的にどんな援助をしていますか?

A それぞれの地域における訓練された女性スタッフが個別のカウンセリングを行ない、決断に向けてのアドバイスをします。一人一人の女性に必要なものが何であるかが検討され、それぞれに可能な選択が説明され話し合われます。その女性が自分と子供について自分で決断することはとても重要ですので、その決断ができるように愛の決心は援助しています。



Q 相談をすれば必ず養子縁組するように勧められますか?

A 養子縁組はあくまでも一つの手段です。カウンセリングにやってくる女性の多くは自分で子供を育てる決心をしています。



Q 養子縁組を決めて出産後、幾日で子供を養父母の元に預けられますか?

A 愛の決心では、親子 の絆は子供がごく小さいうちから育まれるべきであると考えていますが、まず、第一に子供の健康、家族の関係や状況などがよく考慮されなければなりません。そこで生まれた赤ん坊は、特に問題がなければ通常生後3日から7日のうちに養父母のもとへ預けられます。



Q どのような子供が実際に養子縁組されているのですか?

A 親が育てることのできない健康な日本人の子供たちや、国籍の違った両親を持つ子供たち、そしてハンディキャップを背負った子供たちなどが愛の決心を通して養子となり、新しい家族の一員となっています。
ハンディキャップを背負った子供たちには、ダウン症、精神・肉体面の発育不良、先天性口蓋裂(Cleft Palate)、心臓欠陥、遺伝的欠陥などを持った子供たちがいます。



Q 法的手続きはどのようにされますか?

A 愛の決心は養子を迎える家族また産みの親のために、養子縁組手続きに関する援助をしています。必要に応じて顧問弁護士の手配がされます。



Q 養父母になるための資格はどのよう なものですか?

A 子供にとって最良の家族となり、よい将来を与えることが可能であるかということを、養子受入先の家族に対して求めています。そこで、愛の決心が行なっている家庭審査の内容としては、次にあげるようなことをみたしているかどうかを中心に見ています。
 
1)夫婦間で養子縁組に対する意見が一致しているか

2)夫婦とも養子縁組に対して偏見を持っていないか

3)親族の間で養子縁組することに対して理解を得ているか

4)生活環境が良好であるか

当団体の条件を全て満たさずともすばらしいご家族がたくさんあることは、認識していますが、 あくまで養子縁組される 子供たちに最上の 条件を与えることが 第一の目的なのです。

これら以外の質問など、ありましたら、コメントにて受け付けています。
[PR]
by ainokesshin | 2006-04-08 19:03 | Q&A